本文へスキップ

愛され 親しまれ 信頼されるJA

あぐりスクール

活動内容

 管内在住の親子(小学生以下)を対象に、1年間を通して農業体験をしています。
 このあぐりスクールは3月から11月まで全8回に渡り、約15種類の野菜を植え付けから収穫までの農業体験をすることができます。
 ※平成28年度参加者募集は終了いたしました。

平成29年度の活動

<第4回あぐりスクール開催>
 6月3日、2017年度第4回目のあぐりスクールを開き、7家族22名が参加しました。前回5月に雨天で中止となったラッカセイの播種や、サツマイモの植え付けなどの農作業をしました。
 参加したお子さん達はサツマイモの苗を見て「節から根が出ている!」と驚き、職員の苗の植え付け方の説明に熱心に耳を傾けました。
 前年度のあぐりスクール参加者が植えたタマネギを、お子さん達は次々と収穫し、職員の用意した収穫カゴはすぐにいっぱいとなりました。収穫したタマネギは、参加者が持ち帰りました。次回の7月はジャガイモを収穫し、今回のタマネギと一緒にカレーを作る予定です。


<第2回あぐりスクール開催>
 当JAは4月16日、2017年度第2回目となるあぐりスクールを開催しました。8家族28名が参加し、参加者はJA職員の指導のもとトウモロコシの種のまき方を学び作業しました。
  参加した子供たちはトウモロコシの種の入ったカップをのぞいて「種が赤い!」と驚き、その後、職員の種のまき方の説明に熱心に耳を傾けました。小さな手で種を摘んで一生懸命に播種作業を行い、保護者や参加者同士で協力しながら土を被せました。種まきを行った隣の畝には、前回植え付けを行ったジャガイモがあり、それを見つけた参加者は「ジャガイモから芽が出ている!大きくなったね!」と親子で嬉しそうに話していました。
  また、冬期の低降水量と春期の寒さから成長が遅れた「のらぼう菜」もやっと収穫期を迎え、参加者たちは袋いっぱいに持ち帰りました。
 次回、第3回目は5月13日にサトイモの定植、落花生の播種作業を行う予定です。


平成28年度の活動

 10月1日、当JAでは第7回目となる「あぐりスクール」を開催しました。今年度のあぐりスクールは雨天による中止が多く、今回も予報は雨でしたが当日は曇りとなり無事に開催することができました。
 この日は8家族24名が参加し、ホウレンソウとカブの種まきのほか、ダイコンとハクサイの間引きを行い、4月にまいた落花生を収穫しました。お子さん達は回数を重ねるごとに成長が見られ、前回9月にまいたダイコンとハクサイの間引きを、生育のいいものや大きく成長しているものをよく観察し、残すものが一緒に抜けないよう押さえながら間引きを行いました。落花生の収穫では、お父さんお母さんと一緒に茎を引き抜き、地中から出てきたたくさんのサヤをお子さん達は楽しそうに収穫しました。
 次回は11月19日に収穫祭と修了式を行い、収穫した農産物でけんちん汁などを作る予定です。


 当JAでは9月13日(土)に第6回目となるあぐりスクールを開催し、管内の親子18名が参加しました。今年は8月に入り台風接近や雨が続いていたため、当日も雨天による中止が心配されましたが前日から晴天となり、無事に開催することが出来ました。
 今回から11月の収穫祭に向けた栽培が始まり、大根・白菜の播種とブロッコリーの定植の他、夏の収穫祭が雨天により中止となってしまい参加者でジャガイモの収穫体験が出来なかったので、栽培計画を変更し初めて秋作のジャガイモに挑戦します。
 作業については指導者や当JA職員から教わり、子供たちは小さな種を一粒ずつ数えながら、マルチの穴に種まきや定植を行いました。播種作業をしながら子供たちは「こんなに小さな種が本当に白菜とか大根になるの?」と半信半疑でした。
 次回は10月初めに開催を予定しており、今回播いた大根・白菜の間引きとほうれん草の種まきを行います。


 当JAでは6月4日、第4回目となるあぐりスクールを開催し、8家族28名が参加しました。梅雨入り前、最後の土日でしたが天候に恵まれ、さわやかな晴天のもと開催することができました。
 今回のあぐりスクールでは、タマネギの収穫とジャガイモの試し堀りを行いました。タマネギの収穫では次々と採れるタマネギにお子さん達は夢中になって収穫を行い、収穫カゴはすぐにタマネギでいっぱいとなりました。
 ジャガイモの試し掘りでは3月に植え付けたジャガイモの育成状態を確認するため、畑の隅のものを掘り起こしました。種イモの周りのジャガイモは大小様々で、お子さん達は「小さいジャガイモが、かわいい」と言っていました。育成状態は上々で、次回7月に収穫し、今回収穫したタマネギと一緒にカレー作りを行う予定です。


 当JAでは5月14日、第3回目となるあぐりスクールを開催し、今回は7家族26名が参加しました。
 3月に植え付け、芽が出てきたジャガイモについてJA職員が土寄せをする必要性や、やり方を指導すると、お子さん達は慣れない鍬に苦戦しながら一生懸命ジャガイモの株元へ土を寄せました。まだ鍬を使えない小さなお子さん達もお父さんと一緒にお兄ちゃんやお姉ちゃんの真似をしながら土を寄せる姿もありました。また、他にも落花生の播種、京イモ・里芋の種芋とサツマイモ苗の植え付けを行い、第3回あぐりスクールを終了しました。



お問い合わせ

 あぐりスクールに関するお問い合わせは、JAあきがわ本部 営農生活課へ
 TEL 042(559)5111(代)